天と地と

東の方におわす神様に妄想暴走中。ホミン大好き!

スポンサーサイト

Posted by そらとまめのき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


浮き輪?なアナタ

Posted by そらとまめのき on   4 comments   0 trackback

(このお話はギャグです。お嫌いな方は回れ右(左も可)でお願いします。
そして仄かにRな香りも) 

それは深夜のお話。
「チャンミン。しよっか?」
それは一日よく働いて疲れた体を横たえた瞬間だった。
「は?なにをするというんですか?」
正直、わかっちゃいるけれど面倒なんだ。
眠いし、眠いし、お腹空くし(←え?)。
「わかってんだろ?」
ニヤニヤ笑いながら背後からすり寄ってくるヒョン。
後ろ足キックをしながら拒絶する。
「今何時だと思ってますか?寝る時間です。体を休める時間ですよ!」
そう言って頭から布団を被る。
「えー、良いじゃん。たまにはさぁ、な?」
「し!ま!せ!ん!」
その間にも布団をめくり、忍び込んでくる手。
「ちょ、な!やめてください!」
「寝てても良いから」
本格的にのしかかってくる体。
明確な意志を持った手が薄いパジャマの上から体を辿る。
ウエスト部分から忍び込む指。
必死に足を振り上げるけれど、かえってその隙を狙って差し込まれる手。
弱い部分を握られ、思わず身を震わせてしまう。

…。
男は弱いんですよ、ソコ。

なんてことはとっくに解っているから、ヒョンの手が休むことは無い。
腕を拘束するように回された腕が、片手はパジャマの裾から入って胸を刺激する。
もう片方はゆるゆると刺激を加えて。
駄目だ。
流されてしまう。
この行為が本当にイヤかと言われるとそうじゃないけれど。

「チャンミン、綺麗になったよな」
首を捻るようにしてヒョンからの口づけを受ける。
もう。
抵抗する気なんてなくて。
抵抗どころか、すがりつくようにヒョンの腕をつかむ。
「綺麗って、っつ。僕は女性じゃありません。ん、んっ」
徐々に高められていく熱が、ヒョンが触れた場所から広がっていく。
「綺麗なものに綺麗って言うのは間違いじゃないだろう?チャンミンが女性だったら良いのにって思うよ」
その言葉を聞いて急速に冷たくなっていく指先。
体。
心。

やっぱりヒョンは女性が…

そう思った瞬間。

「チャンミンが女性なら何度も抱きつぶしてんだから、今頃子供の一人や二人出来ててもおかしくないだろう?だったらもっとチャンミンを俺に縛り付けられるのに」
「閉じ込めて誰にも見せたくない」そんな言葉が僕を包んだ。
「チャンミンだから、好きなんだ。チャンミンだから、閉じ込めて俺だけのものにしたくなるんだ」
その言葉に呼吸が、心臓が再び息吹を取り戻す。
「独占欲!」
そう言い切るとヒョンは僕の体の向きを変えさせた。
鼻と鼻が触れ合うほど近くにある顔。
自然、重なり合う唇。

「チャンミン、チャンミンはチャンミンだから良いんだ。女性だとか、男性だとか、そんなの超越しちゃってんの」
口づけの間に降り注ぐ優しい言葉。
そんな、甘い一時をぶち壊したのは…
「だから、俺の子。産んでね」


は?

なんだって?
ヒョンの子供?

誰が誰の子を産めと?

「は?何言ってるんですか?さっきから言っているように僕は男です!体の構造的に不可能です!」
するといたく、真面目な顔をして。
「いやぁ、チャンミンなら可能な気がしてきた。不可能を可能にする男だもんな。うん、最近の色艶と言い。できるって!」
そんなことを言う。
「浮き世離れしたことを言わないでください!」
いくら、不可能を可能に変えてきたとは言え、人類の種の起源には挑戦出来ません!
そう憤っていると。
「浮き輪?」
ヒョンが不思議そうな顔で呟く。
「浮き輪じゃないです。う、き、よ」
「なにそれ?どういう意味?」
しまった。
ここで、まさかの国語講座を開くとは思わなかった。
「浮き輪から離れてどうするんですか?お?浮き世です」
しかも、この格好で。
「だから、浮き輪離れってどういう意味?」
いくら訂正しても浮き輪になるヒョンに、遂に僕は。
「浮き輪に入ってどこへでも行ってください!どんぶらこっこと」

そう言って再び頭から布団を被ってふて寝を決め込んだ。


おしまい。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2


Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.04.07 21:14 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.04.07 21:59 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.04.09 15:32 | | # [edit]
そらとまめのき says... "鍵コメkさん"
チャンミンからすれば、そのまま浮かんでろって?(笑)
それでも遠くまでいかないように、危険がないように浮き輪の紐を握っていそいな、チャンミンですね。
2014.04.11 10:39 | URL | #Qn3OvKuo [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soratomamenoki.blog.fc2.com/tb.php/611-d07d35a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。