FC2ブログ

天と地と

東の方におわす神様に妄想暴走中。ホミン大好き!

スポンサーサイト

Posted by そらとまめのき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


君を想う1(ゆのみん企画 第66回「旅行」)

Posted by そらとまめのき on   2 comments   0 trackback

立ち止まることなく、流れていく時。
ささやかな積み重ねが、大きな力となって、大きな力に励まされてたどり着いた場所。
それが今ここにある。

それはぽっかりと空いたスケジュール。
「というわけで。今日、明日、明後日のお昼までオフ」
「はぁ」
急に言われても、正直戸惑う。
「リフレッシュに旅行にでも行ってきたらどうだ?」
いや、でも…。
「俺のことは気にするなって」
そう言って手をひらひらとさせるヒョン。
そう、この突然のオフはヒョンが怪我をしたことに端を発する。
目一杯のスケジュール。
キャンセルできるものは全てキャンセルした上で、ヒョンはマネージャーの監視の元休養。
そんなヒョンを横目に楽しむことなんて…
ヒョンとベッタリ一緒にいないとはいけないとは言わないけれど(ヒョンはヒョン。僕は僕の用事があり友人がいるわけですから)。
と、そこにやってきたのは
「お、チャンミンじゃないか。どうしたんだ?そんな深刻そうな顔をして」
いたくラフな格好をしたキュヒョナ。

…。
ラフ過ぎじゃないか?
アイドルのオーラどころか一般人にも無いくらいオーラ無いぞ。
「お、どうしたんだ?今日オフだろう?」
僕らのマネージャーの隣の席に座ったチーム長がそう言って目を丸くする。
「オフなんですけどね、携帯のポータブル充電器。マネージャーにあずけたまはまだったんで引き取りに」
スマホって本当に電池喰うよな。
ちょっと調べたりゲームなんかしたらイチコロ。
特にキュヒョナはしょっちゅうゲームしてるからな。
ポータブル、必要だよな。
「あー、これか?」
チーム長がキュヒョンのマネージャーから預かったらしい紙袋を引き出しから出してきた。
早速中身を確認するキュヒョン。
「あ、これこれ。助かった。これないと困るんだよな、休みの間何処にも出られない」
お?
キュヒョナ、オフ?
「休みの間、何処に行くんだよ?お前、ずっと引きこもってんじゃないのか?」
そんなからかいの混じった声に
「あー、今回は違いますよ。ちょっと旅行に行ってきます。友達と美味しいものでも食べようかって」
必死で言い返すキュヒョン。
その必死さが見ているこっちは
ウケル!

と、にやつきそうな顔を必死に堪えていると
「キュヒョン、それってさチャンミンも一緒に連れて行ってやってくれないか?前言っていたやつだろ?」
それまで口を開かなかったヒョンが思いもかけないことを口にした。

え?

戸惑う僕。
キュヒョナも一瞬固まった後、
「おぉ?チャンミンもオフ?いつまで?暇なら行こうぜ。一緒に行くの、いつものアイツだし」
復活したらしい。
立ち直りが早い奴だ。
「なら連れてってやってくれよ。ほら、チャンミン。行ってこいよ」
背中をポンと押された。
思いもかけない動きに、よろめいてつんのめるようにキュヒョンの前に立つ。
「っと」
キュヒョンの腕にぶつかる寸前で何とか回避できたけど。
「ヒョン?!」
振り返ったそこには口の端を綺麗に上げたヒョンの顔があった。

続く



あれ?おかしいなぁ。
短いお話で、一話完結のはずが。
続いてしまいました。


ゆのみん企画第66回「旅行」こちらに参加しております。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2


Comment

チョコチップピコ says... ""
そうだよね

きっと、ユノなら、そういって、快く送り出してくれそうだよぉ。

内心少し、やきもちやいて(笑)
2014.04.09 00:23 | URL | #- [edit]
そらとまめのき says... ""
ヤキモチ妬きつつも、自分が動けないならその分、楽しんでおいでと言いそうですよね
2014.04.11 10:41 | URL | #Qn3OvKuo [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soratomamenoki.blog.fc2.com/tb.php/612-3d788d7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。