天と地と

東の方におわす神様に妄想暴走中。ホミン大好き!

スポンサーサイト

Posted by そらとまめのき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


君を想う2(ゆのみん企画 第66回「旅行」)

Posted by そらとまめのき on   0 comments   0 trackback

「俺のことは気にするな、と言っても気にするだろう?だったらさ、俺のことを思ってくれよ。それでさ、お土産を買ってきてくれ。チャンミンが俺を思って買ってきてくれたら、それでいいから」
僕の負担がないように、送り出そうとしてくれるヒョン。
その気持ちが、嬉しい。
「な、だから行ってこいよ。これからツアーもあるし、なかなかこんなチャンス無いぞ」
その言葉に、僕は行こうと決めた。
「じゃあ、キュヒョン。一緒していいか?」
「勿論。元々誘ってただろ?部屋は雑魚寝でも何でもいけるし」
そんなわけで、急遽旅行に行くことが決まった。

急いで帰宅して荷物を持つと、集合場所へ向かった。
移動中の車内。
気心の知れた顔ぶれに、それまで張りつめていた緊張も緩む。
見られる仕事をしていると、限られた場所でしか緊張を解くことが出来ない。
寧ろ気付かないくらい、緊張状態が常で、昔は解くことが苦手になるほどだった。
今では上手に切り替えが出来るようになってきたと思うけれど。

「にしても、ユノヒョンはさチャンミンのとこ大事にしてるよな」
キュヒョンが唐突に言った。
「は?なんで?どこが?」
「だってさ、自分に気を遣うなって送り出したわけだろ?」
「まぁな」
そこのどこが?
「それだけじゃないだろ?最後にさ、」
ああ!
あれのことか!
「プクク。まっさかさ、ユノヒョン、ククク」
あ、キュヒョナが笑いに落ちた。
「あーはいはい。そうですね、いつまでたっても子供みたいに思われてますよ」
ヒョン、僕のこと幾つだと思ってるんですかね?
って、ヒョンとそうたいして年変わんないんですけど。
「「まさかお小遣いやろうか?なんて言われるとは」」
きれいにキュヒョンと声が重なった。
そう。
旅行に行くことを決めたあと、別れ際に言われたのだ。
「チャンミン、旅行に行くならお小遣いやろうか?大丈夫か?」
と。

…。
一体ヒョンは僕のこと幾つだと思ってるんですかね。
そして稼ぎがないとでも思っているんですかね?

そんな、ヒョンにお小遣い貰ってまで旅行に行くほど稼いでない訳じゃないですよ!
それなりに稼いでますから、世間一般の同年代より。

「ククク。チャンミン、愛されてるなぁ」
ほぼ、孫に対する発言に近いけど。
まぁ、確かに大事にはされてるよな。うん。
だからと言って、お小遣い発言はどうかと思うけど。

よし、今度ヒョンがお友達と旅行に行くならお小遣い渡そうか?
うん。
そうしよう。
そんなことを考えていたら楽しくなってきた。
お小遣い渡したら、絶対に拒否するだろうから「これでおいしいものを買ってきてください。僕のために選りすぐりのおいしいものをですよ!」なんて言って渡そうか?
それとも…
「チャンミン、リベンジは無謀だぞ。ユノヒョンだぞ、そう簡単に受け取るかよ」
「年下から受け取るはずがないってあのユノヒョンが」隣でキュヒョンがそう言うけれど、どうにかして渡してみたいと思った。

そんなことを考えながら、旅行を楽しんだわけで。

図らずとも、ユノヒョンの事ばかり思う旅行となった。
それは心残りがあるとかそういうことではなくて。
自分が楽しむことで、ユノヒョンが楽になるなら良いわけだし。
それにいかにユノヒョンにお小遣いを渡そうか、なんて頭をひねるのも楽しい思い出に一役買ってくれたし。
きっといつか、「あの時ユノヒョンがさ、お小遣いやろうか?なんて言っていたよな」と話の種になるような、そんな優しい思い出の一ページを綴ることとなった。


さて、自分の稼いだお金でヒョンへのお土産でも買いましょうかね。
動けないのに、食べ物系だと太りますか?
なら、くっだらないご当地の置物とか?
ネタにしかなんないか?
意外と可愛い物が好きだから、可愛い小物とか?


おいしいものを食べて、綺麗な景色を写真に収めて。
そしてヒョンへ気持ちを馳せて。

君を想う。
それだけで、楽しくなる。
君を想う。
それは僕から切り離すことのできない「日常」
当たり前の存在。
隣にいなくても、常に側にいる。
そんな存在。

かけがえのない、そんな一時となった。
そんな旅行のお話。
これにておしまい。


関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soratomamenoki.blog.fc2.com/tb.php/614-410d72bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。