FC2ブログ

天と地と

東の方におわす神様に妄想暴走中。ホミン大好き!

スポンサーサイト

Posted by そらとまめのき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


jam!3

Posted by そらとまめのき on   0 comments   0 trackback

甘かった……
ヒョンが作るジャムより甘い…、というかヒョン!
今手に持ってるの。
それ、塩です!
砂糖は隣のケースです。
きちんとラベル貼ってあります!
「ヒョン、ジャムの作り方。知ってるんですか?」
一抹の不安を抱き、恐る恐る尋ねてみる。
「砂糖とレモン汁だろ?それくらい知ってるさ」
とりあえず必要な物は知っているんですね。
じゃあ、次の問題。
「砂糖とレモン。どれくらい必要かわかっていますか?」
すると自信満々に。
「そんなの、適当に決まってるじゃん。ドバーって入れてパパパッてレモン入れたらOK♪」
やっぱり!
OK♪じゃありませんよ!
「……食器棚の下から二つ目の引き出し。右側に秤が入ってます。出してください。そしてここにある苺。全部計ってください。ちょっと調べてきますから」
案の定、ヒョン「ドバー、のタラー」という適当ワールド炸裂でしたね。
飲みかけのビールを片手にリビングに置きっぱなしのヒョンのタブレットを操作する。
えーっと、何でしたっけ?
料理の検索サイト。

えぇい。
『いちご ジャム 作り方』
っと。
おぉ。
出てきた出てきた。
「チャンミナ」
キッチンから声がする。
「計った。ほら」
何々。
514g、482g、522g…
計算機、要るな。
「合計しておきますから、鍋を出してください。それと苺、洗ってヘタを取っといてください」
苺の合計とそれに対しての砂糖の割合を計算して。
うっわ、すっげ!
砂糖一㎏近くないか?これ。
レモンは…
どのサイトも「少々」。
少々って、どんな?
この量だし。

やっぱりタラーっと適当?

全ての苺を荒い、ヘタを取り除いて鍋に投入した。


鍋一杯の苺。
「うわー、凄いなぁ。これ、ジャムいっぱいできるな」
できますよ、とてつもなく。
まぁ、この量そのままじゃないですけど。
「煮詰まったら半分くらいにはなりますかね。じゃ、あとはこのまま灰汁を取りながらひたすら煮詰めていくだけです。僕はシャワー浴びてきますから、ヒョンは灰汁取りしていてくださいね」
煮詰めていくだけだから、ヒョンでも大丈夫だろう。

僕はシャワーを浴びにバスルームへ向かった。

そのあと、どうなるのかも知らずに。





ちなみに、画像の苺と鍋。
まめさんちのリアルな状況です。

この苺ジャムの発想は実はこの状態から思いつきました。
関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soratomamenoki.blog.fc2.com/tb.php/629-b6ab4ea1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。