天と地と

東の方におわす神様に妄想暴走中。ホミン大好き!

スポンサーサイト

Posted by そらとまめのき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


改訂版jam!6(完)

Posted by そらとまめのき on   2 comments   0 trackback

少しくどいくらい甘い匂いに、匂いに酔ってクラクラしそうだな、なんて思いながらヒョンがジャムを移すのを手伝っていた。
「なぁ、チャンミン。ジャムの意味、知ってる?」
「はいぃ?あつっ!」
その瞬間、こぼれたジャムが指に落ちた。
冷やそう、そう思って蛇口をひねるより前に。

パクッ

「ヒョン!?」
ヒョンの口の中に捕らえられた。
慌てて引き抜こうとする手首を取られ、軽く歯を立てられた。
指の腹を軽く噛まれ、指先をねぶるように舌先で翻弄される。
「っ、」
掴まれた手首が熱い。
散々捕らわれて、心ごと浚われて。
捕らわれているのは手だけなのに、ヒョンでいっぱいに、なっていく。
指先がふやけるほど舐られて。
いや、ふやかされたのは心ごと。
身体ごと。

指先を唇から外し、ヒョンが耳朶に口を寄せて話す。
「ジャムってさ、英語で『セックス』って意味あるんだってさ」
思わず、目を見開いた。
やんわりと、けれど目的を持ったヒョンの指。
煽るように身体のラインをなぞる。
くすぶる熱を大きな炎にするように、ヒョンが囁く。 
「しよ」
否、を言えるはずも無い。
ただ、素直に「うん」と頷けないだけで。
そんなこと百も承知なヒョン。
ほんの僅かに動いた僕の指先。
それを見逃さなかった。
「好きだよ」
そう囁くと、僕を甘く酔わせる波へと誘った。





甘くて美味しいイチゴジャム。
ではなくて、もしかしたら美味しく頂かれたのはこの僕!?

おしまい




我が家のイチゴジャムは冷凍庫でゴロゴロと転がっております。
冷凍庫のかなりのスペースを占拠しております(笑)

改訂版、当初の物と多少違いがあるかと思いますが、ここでピリオードを打たせていただきます。
お付き合いありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2


Comment

あいこ says... "パクって!"
艶々の苺ジャムって…ムフフ。指とか指とか指とか指とか…甘~い♪
そういえば、うちの子がちっちゃいとき、おしゃぶりしながら言いました。
**のおとさん指は甘い汁でるの。ママのは出ないの?って…。泣きました。苦い汁すら出ませんって。
 ほみんちゃんの指からはまだ甘ぁ~い汁出そうですよね♪
2014.07.03 17:47 | URL | #- [edit]
そらとまめのき says... "Re: パクって!"
ジャムが甘いのか、おててが甘いのか?(笑)

きっとチャンミンのどこもかしこもが美味しいはず(*^^*)
ちょっぴりスパイシーなのは前日の夕飯に唐辛子かけ過ぎたから?
2014.07.06 06:52 | URL | #Qn3OvKuo [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soratomamenoki.blog.fc2.com/tb.php/637-458cc92b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。