FC2ブログ

天と地と

東の方におわす神様に妄想暴走中。ホミン大好き!

スポンサーサイト

Posted by そらとまめのき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


雨のうた

Posted by そらとまめのき on   0 comments

煮詰まった打ち合わせ。
気分転換に廊下に出て、部屋に用意されたのとは違うミネラルウォーターを買いに自動販売機まで向かう。

ずっと睨んでいた資料。
そのせいか、目の奥が重だるい気がする。

さて、少しストレッチがてら、外でも見ますかね。
窓の外は曇天。

重い空が、ついに泣き出した。

ぽつ
ポツポツ

窓を叩く雨の音。
ポポポ
ポッポ
風にイタズラされるのか。
窓を打つ音が変わる。
ポツポツ
ポポポ

フフっ。
なんか、面白い。

こんなことに、気付かないくらい煮詰まっていた。
焦りは禁物だと言うことはわかってる。
なのに、気持ちが急く。
そんな僕を諭すように話しかけるヒョン。
そんなヒョンの言葉さえ、素直に入ってこない自分が嫌になってた。

ソファーに腰を下ろし、目を閉じる。
雨の音。
遠くで聞こえるバイクの音。
どこかで会議をしているのか、はっきりとは聞こえないけど、誰かの話し声。

その時、フワッと香った。
嗅ぎなれた匂い。

「雨、降ってきたな」
目を開けるとそこにはヒョン。
僕の隣に座ると、さっきまで僕がしていたように目を閉じる。
耳をすませているのか、じっとして。
暫く同じ体勢でいたかと思うと、そのまま口を開いた。
「雨の音、まるで歌みたいだな」
「え?」
「空が歌っている。その歌がこの雨かもな」
そんな発想。
なかった。

この人は、本当に発想が豊かで。
たまに驚くほど純粋な視点で物事を見ている。
かと思えば、物凄く大人な視点で、大人な意見で。
少年と青年が程よくミックスされてる。

「さあ、また頑張ろっか。打ち合わせ」
そう言って僕の手を引くヒョンの手の温かさに、不思議な力を感じた。
そんな雨降りの昼下がり。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。